『親が子の勉強を見てあげる』、これが不可欠です。 

疲れたから習い事を休む、テレビを見たいから宿題をしない、というムラがあると、「何をやってもできない」という劣等感に繋がってしまいます。

難関中学に合格したお子さんたちは、異口同音に
「親から勉強しなさいと言われたことがない」
と話します。逆に、お子さんが勉強をしないと嘆く保護者ほど「勉強しなさい、宿題しなさい」とお子さんに言っているのではないでしょうか。

子供を勉強嫌いにする言葉
確かに「勉強しなさい」と言った直後には、お子さんは勉強するかもしれません。しかし、それは怒られたから勉強しているだけで、決して自発的にしているわけではありません。むしろ、お子さんにとっては「勉強は親に強制されてやる嫌なもの」と感じてしまうかも。